パラグラフ添削10名講座 4月10日(土)

残席10(3月8日午後現在)

本講座について

本講座は、有限会社人の森が実施した小論文・レポートの書き方講座(1日あるいは2日間の講座)や、JICA-NGO研修の基礎編の中でレポートの書き方を受講した方のみが対象となります。それ以外の方は受講できませんのでご注意ください。

ただひたすらパラグラフを書いて添削するを繰り返します。時間を節約するために、事前に2問程度宿題を出します。当日は宿題となったパラグラフの添削から始めます。

教科書は「小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳」を使用します。

本講座には修了証等はありません。

定員

この講座の定員は10名です。実施は確定しています。

現在の申し込み:0名/10名(3月8日現在)

申し込みが11名以上となった場合には、先着10名に受講いただきます。受講希望者が多いようであれば、後日同じ内容の講座を実施します。

受講料

受講人数にかかわらずお一人2千円(税込)です。講師が急病になるなど、添削サービスの継続が不可能になった場合は、受講者の銀行口座へ返金致します。振込手数料は当社で負担いたします。受講者都合でのキャンセルは、講座前日3月7日までのお申し出なら返金しますが、振込手数料は受講者の負担となります(手数料を差し引いて振り込みます)。講座当日のキャンセルでは返金致しません。

お支払いの方法

受講料のお支払いには 1) 銀行口座振り込み(当社ジャパンネット銀行あて)、2) Amazon.jpのAmazonギフト券が選択できます。Amazonギフト券は、コンビニやAmazon.jpで購入いただき、当社宛にメールでお送りいただくもので、Amazon Payによる支払いではありません。クレジットカードでの支払いを希望される方は、Amazon.jpギフト券を選択してください。

 受講申し込みフォーム

特にメールアドレスや電話番号の記入にご注意ください。メールアドレスに記入ミスがある場合は、携帯電話あてにSMSで連絡いたします。

自動返信ではありませんので、受付確認メールが届くまでしばらくお待ちください。

パラグラフ・ライティング指導員養成講座

この講座は現在まだ企画中です。

パラグラフ・ライティング指導員養成講座の概要

パラグラフ・ライティング指導員養成講座は、有限会社人の森が実施するアカデミック・ライティングの基礎であるパラグラフ・ライティングを指導できる人材を養成するための講座です。基本的には個人のペースに合わせて受講ができます。

指導員のレベルは二つに分かれています。基礎指導員は複数のパラグラフからなる文章の添削ができることが求められます。応用指導員は、さらに長い小論文等を読んだ上で、文章のロジックであるとか、論文執筆の効率化を指導できるレベルが求められます。

基礎指導員、応用指導員それぞれは、有限会社人の森が資格として認定し、認定証を発行します。

なお、指導員の資格を取得された方が、実際に指導を行う際に使用される教材としては、当社発行の『小論文・レポートの書き方: パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』及び『主体的に学び、考え、そしてまとめる 小学生からの小論文: 教師・保護者が知っておくべきライティングのスキルとは 人の森の本』(リンクはAmazon.co.jp)の2冊を前提としております。受講者がお持ちでない場合は、卸価格(定価から2割引きで送料込み)で販売いたします。また、資格を取得された方がご自分で講座を開催される折に必要な場合にも、卸価格で販売いたします(送料込み)。

この講座は個人の受講者を想定しています。学習塾、大学等の学校、企業等で指導員を養成されたい場合は、ご相談にのりますので、ページ下部のフォームから問い合わせください。

基礎指導員

まずは受講者自身が良いパラグラフを確実に書けるまで添削による演習を繰り返します。パラグラフを書けることを確認するための演習は2段階に分かれており、1)「単独のパラグラフを書ける」
2)「複数のパラグラフからなる短文を書ける」
の順に進めます。各段階の確認テストにパスすれば次の段階に進むことができます。

さらに、指導するために必要なスキルとして
3)「他の人が書いたパラグラフを正しく添削できる」
が求められます。

基礎指導員資格を取得するための流れは以下のようになります。基本的にはファイルのやり取りで演習を進めます。

1)受講の可否判断(パラグラフ・ライティングに関する基礎知識の有無を確認するため、単独のパラグラフを書いて提出していただきます)
2)単独のパラグラフを書く演習(5つのパラグラフが連続で合格するまで)
3)複数のパラグラフからなる短文を書く演習(3つの短文が連続で合格するまで)
4)他の人が書いたパラグラフの添削演習(3つの添削演習が連続で合格するまで)
5)パラグラフ・ライティング基礎指導員として認定

1)~4)の演習には、実際の添削回数に応じた費用が掛かります。

応用指導員

応用指導員養成課程に進むには、基礎指導員資格を取得することが要件です。

応用指導員に求められるスキルは一つです。
1)「小論文の添削ができる(文章のロジック立ても含め)」

1)は実践的な演習であり、実際の小論文(あるいは論文の一部)を添削していただき、添削内容を指導する形で進めます。指導はオンラインとファイルのやり取りを組み合わせて行います。

受講者による添削内容が3回連続で基準を超えていると判断されたら、パラグラフ・ライティング応用指導員として認定します。

なお、添削1回ごとに費用が掛かります。

パラグラフ・ライティング基礎指導員養成講座受講の条件

基礎指導員の課程を受講するには、既にパラグラフ・ライティングの基礎知識を身につけていることが条件となります。

以下の言葉を一つでも理解できない方は、添削サービスを受ける前にまずパラグラフ・ライティングの基礎を確認してください。

  • パラグラフと段落の違い
  • パラグラフのトピック
  • トピック・センテンス
  • セカンド・センテンス
  • サポーティング・センテンス
  • コンクルーディング・センテンス
  • アウトライン

パラグラフ・ライティングの基礎は以下で学ぶことができます。今から独学で学ぼうという方にはUdemy でのオンライン講座か、書籍「主体的に学び、考え、そしてまとめる小学生からの小論文」が平易に書かれていてお勧めです。

パラグラフ・ライティング指導員養成講座受講の費用

基礎指導員養成講座の受講料

基礎指導員の講座は基本的にパラグラフの添削で進めます。何度パラグラフを書けば課程を修了できるかは人によって異なりますので、パラグラフごとの添削料が受講料となります。複数パラグラフからなる短文の演習には、パラグラフの数だけ費用が掛かりますのでご注意ください。4つのパラグラフからなる文章を添削する場合、4回の添削とカウントされます。

受講テスト料 税込1,200円
パラグラフ・ライティングの基礎知識があるかどうかの確認をするための試験です。受講の可否を判断するために行います。書いていただくパラグラフは一つだけですので、添削1回分の料金です。

受講チケットには添削回数が異なる3種類があります。いずれもチケットの有効期間は購入日(お支払いいただいた日)から1年となります。(パラグラフ添削講座と同料金ですので、資格が不要で添削だけ受けたい方は、パラグラフ添削講座をお申し込みください)

  • 1回券(税込1,200円  1回あたり1,200円)
  • 3回券(税込3,300円 1回あたり1,100円)
  • 6回券(税込6,000円 1回あたり1,000円)

基礎指導員証発行費用 税込 3,300円(日本国内への郵送料込み)

受講費用の合計額は、ストレートに進んだとしても、2万円以上となります。あとは添削の回数によります。

応用指導員養成講座の受講料

応用指導員養成講座には基礎指導員資格が前提です。受講テスト料はありません。

添削1回の料金 税込 11,000円 (必要に応じてWEB上で対面指導を行います)

応用指導員証発行費用 税込 3,300円(日本国内への郵送料込み)

受講費用の合計額は、ストレートに進んだとしても、3万円以上となります。あとは添削の回数によります。

お支払いの方法

お支払いには 1) 銀行口座振り込み(当社ジャパンネット銀行口座あて)、2) クレジットカード(Paypal経由)あるいはお客様のPaypal口座からの振り替え、3) あるいはAmazon.jpのアマゾンポイントが選択できます。アマゾンポイントは、アマゾンでポイントを購入いただき、当社宛にメールでお送りいただくもので、Amazon Payではありません。

パラグラフ・ライティング指導員養成講座の申し込み等

パラグラフ・ライティング指導員養成講座に興味がある方は、以下のフォームから連絡ください。昨今メールはよくSPAM とされてしまうことがあるため、補助的な連絡手段として携帯電話番号(SNSに使用)とFacebookのアドレスを記入ください。ここに記入される個人情報は、本講座以外では使用いたしません。

申し込み・問い合わせをいただいてから数日以内に返信いたします。もし届かない場合は、paragraph@hitonomori.com へメールしてください。

パラグラフ・ライティング基礎講座(任意の日時にグループで受講)

パラグラフ・ライティング基礎講座(任意の日時にグループで受講)の説明

この講座では小論文やレポートを書くための国際標準の必須技術、パラグラフ・ライティングの基礎について解説いたします。講座はおおむね2時間で、通常ZOOM などWEBを介して実施いたします。

受講を希望される日時を講師と調整として決定し、10名までの方が同時に受講できます。受講者はWEBへの接続が可能であれば、どこからでも参加できます。

もちろんお一人で受講して、WEBを介した対面で、マンツーマン指導を受けることも可能です。

この講座はお一人から受講できますが、お一人や少人数での受講の場合にはUdemyに動画講座がアップロードしてありますので、こちらのご利用もお勧めします。Udemyは撮影済み動画による授業ですので、時間を気にせずに受講ができます。また価格的にもUdemyの方が安くなります。

なおこの講座はパラグラフ・ライティングの基礎の解説のみで、パラグラフ作成の演習や添削は行いません。パラグラフの添削サービスはこちらを参照ください。

受講料

3人までの受講の場合、受講料は平日日中(午前9時から午後3時の間に講座開始)が一講座当たり6,600円(税込)、休日や夜間など、その他の開始日時の場合加算料金込みで9,900円(税込)です。

4人目以降の追加料金は、平日日中(午前9時から午後4時の間に講座開始)の場合一講座当たり2,200円(税込)、休日や夜間など、その他の開始日時の場合加算料金込みで3,300円(税込)です。

お支払いの方法

お支払いには 1) 銀行口座振り込み(当社ジャパンネット銀行口座あて)、2) クレジットカード(Paypal経由)あるいはお客様のPaypal口座からの振り替え、3) あるいはAmazon.jpのアマゾンポイントが選択できます。アマゾンポイントは、アマゾンでポイントを購入いただき、当社宛にメールでお送りいただくもので、Amazon Payではありません。

複数名での受講の場合には、受講料は代表の方から一括してお支払いいただきます。

受講申し込みフォーム

パラグラフ・ライティング パラグラフ添削講座

パラグラフ添削講座の概要

この講座は、既にパラグラフ・ライティングの基礎知識を身につけた方に実際にパラグラフを書いていただき、それを講師が添削してお返しするものです。添削はメールでのやりとりを想定しています。受講者の方が作成したパラグラフをメールで講師へ送っていただき、講師が添削と解説を加えてメールでお返しします。

パラグラフを書いていただくお題(トピック)は、講師から複数出題しますので、その中から受講者の皆さんにお好きなものを選んでいただきます。また受講者の方でお題(トピック)を決めたい場合はそれも可能です。ただし、特定の専門知識を必要とする内容や、内容の事実確認に関する添削はできません。添削対象は、あくまでパラグラフとしての構成に絞らせていただきます。

講師(添削者)

添削者は日本福祉大学大学院教授で、小論文関連の書籍を執筆している野田直人を中心としたチームで行います。また講師が所属する有限会社人の森はパラグラフ・ライティングの基礎に関する講義を数多く実施しています。

添削の例

受講者の皆さんにはトピック・センテンス、セカンド・センテンス、3つ以上のサポーティング・センテンス、そしてコンクルーディング・センテンスを含んだパラグラフを書いていただきます。

以下が添削対象となったパラグラフです。実際の添削事例に手を加えて掲載しています。

豆腐は健康に良い食べ物です。実は私の一番好きな食べ物でもあります。豆腐はとてもおいしい上に、いろいろな料理に使うこともできます。そして、低カロリーで食べやすく、消化吸収も抜群で、栄養面で大変すぐれた健康食品と言えます。豆腐は価格も安くてどこでも手に入り、料理の種類も豊富にあります。豆腐にはタンパク質が豊富ですが、それだけでは無く、カルシウム、イソフラボンやビタミンのほか、マグネシウム、カリウム、亜鉛など体に良い栄養素が豊富に含まれています。私の大好きな豆腐は、代表的な健康食なのです。

続いて添削内容の例です。このように添削してお返しいたします。

構造的にはトピックとサポーティング・センテンス、そしてコンクルーディング・センテンスが揃っていて基本は押さえられています。

しかし、トピックが「豆腐は健康に良い食べ物です」となっているのに、サポーティング・センテンスの中には「おいしい」「安くでどこでも手に入る」「料理の種類が豊富」のように、健康とは直接関係のない情報が入ってしまっています。これらの情報は、パラグラフで説明しようとするトピックである「豆腐は健康に良い食べ物」をサポートしていません。ですからこのパラグラフは、主張が弱く、読んでいて煩雑な印象を与えています。トピック・センテンスで「豆腐は健康に良い食べ物」と言っている以上、豆腐がいかに健康に良いかに情報を絞った上で、サポーティング・センテンスの構成を再検討してください。

また、サポーティング・センテンスには健康に関係する情報においても、豆腐の機能(低カロリー、消化吸収が良い)と豆腐の成分(タンパク質、イソフラボン、カルシウム、etc.)とが混在しています。この点も内容をどちらかに絞るか、あるいは成分と機能の組み合わせで説明するなど、サポーティング・センテンスを読みやすくするための工夫が必要です。

例えば「豆腐に含まれるたんぱく質は…という機能がある。またイソフラボンには…という機能がある。さらにカルシウムをはじめとするミネラル成分には…のような機能がある。」とサポーティング・センテンスを構成すると、どのサポーティング・センテンスも同じ構成同じ重さで並列することになり、すっきりします。

講座受講の条件

この講座(添削サービス)を受講するためには、パラグラフ・ライティングの基礎をあらかじめ身に付けられていることが前提となります。以下の言葉を一つでも理解できない方は、添削サービスを受ける前にまずパラグラフ・ライティングの基礎を確認してください。

  • パラグラフと段落の違い
  • パラグラフのトピック
  • トピック・センテンス
  • セカンド・センテンス
  • サポーティング・センテンス
  • コンクルーディング・センテンス
  • アウトライン

パラグラフ・ライティングの基礎は以下で学ぶことができます。今から独学で学ぼうという方にはUdemy でのオンライン講座か、書籍「主体的に学び、考え、そしてまとめる小学生からの小論文」が平易に書かれていてお勧めです。

受講申し込み後(受講料お支払い後)、添削のために最初に提出いただいたパラグラフを拝見し、パラグラフ・ライティングの基礎知識をお持ちでないと判明した場合は、添削サービスを停止します。その場合は上記いずれかでの学習を行っていただき、再度パラグラフを執筆の上提出をしていただきます。なお再提出となった分は添削の回数には含みません。

ただし、チケットの有効期限までに提出が間に合わない場合はチケットは無効となり、返金は致しませんので予めご了承ください。

パラグラフ添削講座をお勧めする人

パラグラフ添削サービスを特にお勧めしたいのは大学受験や入社試験などで小論文を書く予定がある人、卒論、修論などのアカデミック・ペーパーを書く必要がある人、仕事でレポートやプロポーザルを書く人などです。特に国際的な論文を発表されている先生のいる大学、国際的な環境で仕事をする職場に在籍している、あるいは目指している場合には、パラグラフ・ライティングのスキルは必須です。

チケットの種類

受講チケットには添削回数が異なる3種類があります。いずれもチケットの有効期間は購入日(お支払いいただいた日)から1年となります。

  • 1回券(税込1,200円  1回あたり1,200円)
  • 3回券(税込3,300円 1回あたり1,100円)
  • 6回券(税込6,000円 1回あたり1,000円)

一度購入されたチケットの払い戻しや他のチケットへの変更、他者への譲渡はできません。予めご了解ください。

講師が急病になるなど、添削サービスの継続が不可能になった場合は、チケットの種類にかかわらず、未使用分の回数を計算して受講者の銀行口座へ返金致します。振込手数料は当社で負担いたします。

お支払いの方法

受講料のお支払いには 1) 銀行口座振り込み(当社ジャパンネット銀行あて)、2) クレジットカード(Paypal経由)あるいはお客様のPaypal口座からの振り替え、3) あるいはAmazon.jpのアマゾンポイントが選択できます。アマゾンポイントは、アマゾンでポイントを購入いただき、当社宛にメールでお送りいただくもので、Amazon Payによる支払いではありません。

 受講申し込みフォーム

同時に複数のセットのチケットを申し込まれる場合は、メッセージボックスにその旨をご記入ください。メールアドレスに記入ミスがある場合は、携帯電話あてにSMSで連絡いたします。