相手に伝わる文章力がアップするスペイン語添削講座

「相手に伝わる文章力がアップするスペイン語添削講座」の説明

この講座は基礎レベル以上のスペイン語を学んだことがある方が、語彙や表現力を磨き、文章作成能力を向上・維持するためのものです。平易な文法でもよいので自分で短い文章を作ることができる方が対象です(例:メール文、日記、仕事の紹介など)。スペイン語の会話を磨きたい方はスペイン語会話講座をご覧ください。

スペイン語を学んだことがない方は対象となりませんのでご注意ください。

「簡単な文章を書くことはできるが、いま一つ自信がない」、「プレゼンテーションや報告書を書けるようになりたい」「フォーマルで失礼のないメールを書くコツを知りたい」という方向けに、簡潔で相手に伝わる文章を書くコツをお伝えします。

的確な文章を書けることは会話力の向上にもつながるので、会話力を伸ばしたい方にもおススメです。

特にJICA海外協力隊経験者でスペイン語力を維持したい方、現役のJICA海外協力隊員、あるいは現地駐在者の方で、スペイン語による文章作成力を磨きたい方、あるいは一般のスペイン語学習者で、文章作成力を磨きたい方などにお勧めです。

講師(添削者)

添削者は、JICA事業を中心に10年以上中南米での業務実績を有する奥田桐子とスペイン語ネイティブスピーカーがチームで担当します。

受講方法

受講者の方に実際に、特定のトピックについてスペイン語で文章を書いていただいた後、メールで講師へ送っていただき、講師が添削と解説を加えてメールでお返しします。1回の添削につき最大単語数は、500単語(約A4・1ページ前後)です。

トピックは、講師から複数提示する場合と、受講生の側からリクエストを出していただく場合の2パターンがあります。

講師から提示する場合は、友人へのメール、業務上のメール、紀行文、日記、報告書など一定の場面設定をしたトピックの中から選んで文章作成をしていただきます。

受講者側からトピックをリクエストする場合は、具体的にどのような場面でどんなメッセージを伝えたいのかを講師に伝えて頂いた上で、作成した文章を送っていただきます。

なお、本講座ではスペイン語の文法・表現について添削を行いますが、文章構成やパラグラフ・ライティングについて添削を受けたい方や、読み手にわかりやすい小論文・レポートを書くコツを身に着けたい方は、こちらの「パラグラフ・ライティング基礎講座」もご参照ください。

受講日時

受講者の方のご都合に合わせて、作成した文章を講師へ送っていただきます。作成した文章の送付期限は設けませんので、仕事で忙しい方でもフレキシブルに受講することができます。

通常土日祝日等を除く3日以内に講師が添削して受講者にお返しします。

チケットの種類

受講チケットには添削回数が異なる3種類があります。いずれもチケットの有効期間は購入日(お支払いいただいた日)から1年となります。

  • 1回券(税込1,200円  1回あたり1,200円)
  • 3回券(税込3,300円 1回あたり1,100円)
  • 6回券(税込6,000円 1回あたり1,000円)

一回につき500単語までの文章の添削を受けることができます。3回券を購入いただいて1500単語の文章の添削を受けることも可能です。

一度購入されたチケットの払い戻しや他のチケットへの変更、他者への譲渡はできません。予めご了解ください。

講師が急病になるなど、添削サービスの継続が不可能になった場合は、チケットの種類にかかわらず、未使用分の回数を計算して受講者の銀行口座へ返金致します。振込手数料は当社で負担いたします。

お支払いの方法

お支払いには 1) 銀行口座振り込み(当社ジャパンネット銀行あて)、2) クレジットカード(Paypal経由)あるいはお客様のPaypal口座からの振り替え、3) あるいはAmazon.jpのアマゾンポイントが選択できます。アマゾンポイントは、アマゾンでポイントを購入いただき、当社宛にメールでお送りいただくもので、Amazon Payではありません。

受講申し込みフォーム